札幌市西区琴似駅直結のクリニック
IMTとは? - 医療コラム

011-631-3101
9:00~19:30
(受付19:00まで)
土曜午後/日祝休診

医療コラム

人間ドック・健康診断

IMTとは?

IMTとは “Intima Media Thickness” の略で、頚動脈の内膜中膜複合体厚のことを意味しています。中でも頸動脈は粥状(じゅくじょう)動脈硬化の好発部位で、その内膜中膜複合体の厚さは動脈硬化の進行程度と比例することがわかっています。したがって、頸動脈IMTの計測は動脈硬化の重要な指標となりつつあります。

img_imt01

 

IMT の測定方法(頚動脈エコー検査)

測定方法はきわめて簡単です。超音波のプローベ(探触子)を下の写真のように頚部に当て、頚動脈の性状について調べます。まったく痛みや苦痛はありません。左右合わせても通常は10分程度で検査終了です。もちろん結果もすぐに分かります。

img_imt02

 

IMTの肥厚

この値が1.1mmを超えると脳血管障害や虚血性心疾患のリスクが高くなると言われています。
したがって、脳血管障害や虚血性心疾患のリスクの高い糖尿病患者さんへの経過観察は無論のこと、生活習慣病予備軍の患者さんに対してもIMTを定期的に測定していくことが重要となります。

img_imt03

 

プラークとは?

プラークとは血管壁が限局性に内腔に突出した隆起性病変で、血栓、脂肪性、繊維性など様々な形態をとり、頚動脈の狭窄や閉塞、また脳梗塞や脳虚血を起こす原因になる恐れがあります。img_imt04

血管壁に動脈硬化性変化が生じて肥厚してくる、プラークという限局性の隆起性変化が生じ、さらに内腔の狭窄が進行していくにつれて、狭心症や心筋梗塞を発症する危険率は格段に高くなります。img_imt05

 

 

 

コラム一覧