札幌市西区琴似駅直結のクリニック
インフルエンザワクチンの予防接種について - 医療コラム

011-631-3101
9:00~19:30
(受付19:00まで)
土曜午後/日祝休診

医療コラム

その他

インフルエンザワクチンの予防接種について

インフルエンザワクチンの予防接種について

平成28年現在(※内容は変更になる場合があります)

  • 一般
    予約あり: 3,000円(税込み)
    予約なし:3,500円(税込み)
  • 高齢者
    1,400円(札幌市にお住まいで、接種日現在で65歳以上の方)

※なお、接種時間は平日の15時~18時00分、土曜日は9時~10時30分となります。

※身分証明書(健康保険証などの年齢・住所を確認できる書類)をご持参ください。
 

インフルエンザQ&A

Q1:インフルエンザワクチンについて

A:インフルエンザワクチン予防接種を行うことで、インフルエンザによる重篤な合併症や死亡を予防し、健康被害を最小限にとどめることが期待できます。このワクチンの効果は、年齢、本人の体調、そのシーズンのインフルエンザの流行株とワクチンに含まれている株の合致状況によっても変わります。わが国のインフルエンザワクチンは、WHOが推奨したウイルス株を基本にして、日本の流行状況や流行前の健康な人が持っている免疫の状況などから予測して作られています。
今年は1つのワクチンで新型インフルエンザと季節性インフルエンザの両方を予防できる3価ワクチン (A/H3H2・B型・A/H1N1ソ連型)となっております。接種回数は、13歳未満の方は2回、13歳以上の方は 1回の接種となります。

Q2:インフルエンザと風邪(普通感冒)の違い

 

インフルエンザ

風邪(普通感冒)

うつり方 飛沫感染(インフルエンザにかかった人がせきをした時に、ウイルスを別の人が鼻や口から吸い込むことによって感染) 接触感染(ウイルスがついた手や鼻やのどを触れると感染)
初発症状 悪寒、発熱 鼻咽頭の乾燥感及びくしゃみ
主な症状 発熱、筋痛、関節痛 鼻汁、鼻閉
悪寒 高度 軽度、極めて短期
熱及び熱型(期間) 38~40℃(3~4日) ない、もしくは微熱
全身痛、筋肉痛、関節痛 高度 なし
倦怠感 高度 ほとんどない
鼻汁、鼻閉 後期より著しい 初期より著しい
咽頭 充血及び時に扁桃腫脹 やや充血
結膜 充血 アデノではない
合併症 気管支炎、脳炎、脳症、
インフルエンザ肺炎、細菌性肺炎
まれ

 

Q3:インフルエンザワクチンはいつ頃接種するのが効果的?

A:個人差はありますが、その効果が現れるまでに通常約2週間程度かかり、約5ヶ月間その効果が持続するとされています。多少地域差はありますが、日本でのインフルエンザの流行は12月下旬から3月上旬が中心になりますので、12月上旬までには接種をすまされることをお勧めします。

Q4:インフルエンザワクチンの副反応は?

A:一般的に副反応は軽く、10~20%でワクチンを接種した場所の発赤、腫れ、痛みなどをおこすことがありますが、2~3日で消失します。全身性の反応としては、5~10%で発熱、頭痛、さむけ、体のだるさなどがみられますが、やはり2~3日で消失します。ワクチンに対するアレルギー反応として湿疹、じんましん、発赤とかゆみなどが数日見られることもまれにあります。

Q5:インフルエンザのワクチン接種を受けることが適当でない人や受けるときに注意が必要な人は?

A:以下の場合は接種できません。

  1. 明らかな発熱*を呈している者(* 通常は、37.5℃を超える場合をいいます。)
  2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
  3. 当該疾病に係る予防接種の接種液の成分によってアナフィラキシーショックを呈したことが明らかな者
  4. その他、予防接種を行うことが不適当な状態にある者

※また、既往などから、接種の判断を行うに際して注意を必要とする方がおられますが、この方々は接種禁忌者ではありません。接種を受ける方の健康状態及び体質を良く考えたうえで、医師によって接種の可否が判断されます。接種を行う際には改めて十分に効果や副反応などについて説明をうけて、十分に理解した上で、接種を希望するかどうか決めてください。

 

ご不明な点については、お気軽にお電話、メール にてお尋ねください。

札幌市 西区 八軒1条西1丁目ザ・タワープレイス1階
Phone:011-631-3101 / FAX.011-631-3123
メール: info11@kotoni-medical.com

 

 

コラム一覧